名古屋で水道工事をする場合

水道工事は大きく分けて給水管の引込や室内の配管、下水道排水のために行う工事があります。

いずれも自治体の指定を受け、適正な施工ができると認められた事業者に依頼して行います。名古屋市内で施工を行うには、名古屋市上下水道局の指定をうけている事業者でなくては出来ません。名古屋市の指定を受けていない事業者に依頼すると、後でトラブルの原因になるので気を付けて下さい。蛇口の水漏れなどの修理の場合、パッキンなどの部品の交換で解決できるものあります。水回りに使われている部品は、耐用年数が7年から10年ほどのものが多くあります。

設置から10年ほどが経過すると、消耗などによりトラブルが起きる可能性が高まります。単水栓やレバーが水・お湯に分かれているハンドル混合水栓の場合、構造が単純なこともあり素人でも部品の交換をすることは可能です。しかし水道管に損傷があり、亀裂などから水が漏れている場合は専門の事業者に修理を依頼した方が安全です。古いタイプの配管は、錆が発生する素材で作られているものが多くあります。

内部が赤錆でボロボロに立っていて、応急処置で水漏れを止めることができても、すぐにまたトラブルが発生することになります。配管全体を取り換える工事を素人が見よう見まねで行うと、かえって状況が悪化する場合もあります。水漏れは水道代が増えるだけでなく、床や家具を傷付けだめにする場合もあります。できるだけ早く対応する必要があり、無理に自分で修理するより専門の事業者に修理を依頼した方が確実で安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *