トイレの水漏れ修理について

トイレの水漏れは我々に身近でありながら深刻なトラブルです。

まずはそんな水漏れについて一体何なのか、詳しく見ていきましょう。まず水漏れにはさまざまな種類があります。止水栓や給水栓から水が垂れてきたり、トイレタンクやフタから水があふれてきたり、排水管から水が漏れたりするなど実に多様です。トイレだって消耗品ですのでいつかは、トラブルが起きます。そんなとき修理について確かな知識があれば安全です。修理に当たっては業者に頼むのもよいですが、自宅にある工具を使っても修理できます。まず給水管からの漏れについてみていきましょう。

給水管は壁から出ている配管から本体へ水を給水します。配管からタンクまで様々なナットで固定されているのですが、このナットが劣化すると水が漏れてきます。そんなときはナットを占め治す、または新しいものに交換することで対処できます。必要な工具ですがレンチがあれば大丈夫です。次に止水栓からの漏れを説明します。壁の中にある配管についているもので、栓をしめることで文字通り水の給水を止めることができます。

これも経年劣化によって、水漏れします。緩んでいないか確認、緩んでいたらナットで占め直すことで対処できます。また水漏れを防いでいるパッキンというものが劣化していることもあります。そのさいはパッキンを交換することで対処できます。パッキンはホームセンター等で売っています。次にトイレタンクからの漏れについて説明します。タンクとタンクに被せてあるフタの隙間から水が漏れ、タンクを伝ってきます。手洗い器のホースに穴がいていたり、排水を行うオーバーフロー菅の異常などの原因があります。そんなときはホースを修理もしくは新しいものに交換する等して対処します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *