慌ててはいけない名古屋の水道トラブル

名古屋で水道トラブルが発生した場合、まずは慌てないことです。

名古屋市内にはたくさんの水道修理屋があり、電話一本ですぐに駆け付けてくれるからです。しかし、その前に自分で修理することができないか確認してみましょう。水道トラブルで多いのは、水漏れや排水管のつまりです。たとえば水漏れは、主に蛇口や給水管のつなぎ目(ナットの間)から起こりますが、トイレなどの場合はタンクに中でポタポタと水が落ちてくる音がすることもあります。水道管が破裂したわけではないので、水漏れの量はそれほど多くはありません。ただ、そのままにしておくと、徐々に量は増えてきますので、できるだけ早く修理する必要があります。

この水漏れの原因の多くは、パッキンの劣化です。従ってパッキンを新しいものに交換すれば水漏れトラブルは解消します。では、パッキンを自分で交換することはできるのでしょうか。答えはイエスです。水漏れ箇所によっては簡単とは言えませんが、プロでなければできないわけではありません。まず止水栓をしめて水を止めます。次にレンチやドライバーを使って蛇口を分解していきます。分解ができれば、パッキンの交換は問題なくできるでしょう。

レバー式の水道の場合は、カートリッジの中にパッキンが入っているので、カートリッジごとの交換となります。最新の蛇口になればなるほど構造が複雑になり、自分で修理するのが困難なこともあります。その場合は、名古屋市の修理会社に連絡を入れ、都合の良いに日に来てもらうと良いでしょう。多くの場合、1万円以内で修理可能です。
名古屋の水道トラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *